このページの本文へ

島根大学教育学部附属幼稚園 ホーム

Menu

サイトマップ

このページの位置: ホーム > 園紹介 > 沿革

沿革

明治18年1月 幼稚園保育科規則を達せられる
明治18年5月 島根県勧業展覧場構内(現在の県民会館付近)へ幼稚保育場を設け、同月15日開場式を挙行する 入園生30名
明治22年4月 勧業展覧場構内元獣医講習所跡建設を幼稚園開誘室に充つ
明治32年1月 幼稚園遊園として殿町163番地勧業展覧場使用地を除く他一切本校の管理に移さる
明治44年5月 島根県主催の子ども博覧会に恩物及び幼児の成績品を出品する
大正2年4月 幼児定員を増加し、総員90名とする
大正3年4月 附属幼稚園協賛会成立す 幼児保護者全部入会する
大正4年6月 協賛会の事業として、雑誌「千ぐさ」初号を発刊する
大正10年12月 創立40年記念事業として園庭に30坪2勺5寸の遊戯場落成
大正11年4月 幼児数148名となり、4組編制とする
大正12年3月 幼児数120名とし、3組と変更する
大正12年10月 修了者の会「折りつるの会」発会
大正13年6月 創立40年記念事業として協賛会、折つる会合同にて保育展覧会等記念事業挙行する
昭和3年 3月 附属幼稚園廃止さる
昭和3年4月 折つる幼稚園設立許可指令あり、私立折つる会立として継承経営することとなる
昭和3年6月 折つる幼稚園開園式挙行 園報「千ぐさ」を「折つる」と改題する
昭和9年10月 創立50年記念事業として、記念式及び幼児の作品展覧会等を催する
昭和20年4月 戦争のため閉園を命ぜられる
昭和21年6月 保育を再開することになり、入園式を行う
昭和24年5月 北堀町商工学校内に分園を設置する(25.5閉園)
昭和30年7月 学制改革に伴い折つる幼稚園は国立に移管され、島根大学教育学部附属幼稚園となる
昭和30年10月 島根大学教育学部附属幼稚園開園式及び記念式を挙行する
昭和31年4月 父母の会設立
昭和31年11月 第1回附属幼稚園研究発表会を開催(以降毎年開催する)
昭和32年12月 創立70周年記念式を開催 作品展、記念式典を催する
昭和36年4月 父母の会はPTAと改組され、規約改正がなされる
昭和38年4月 松江市大輪町の現園舎新築なり、移転を完了する
昭和40年11月 創立80周年記念式を挙行、記念展示会、作品展を開催
昭和47年11月 二階建園舎を増築、この年より3歳児保育を始める
昭和49年10月 教育学部幼稚園課程3回生の教育実習開始さる
昭和57年4月 学内選挙規定の改正により、幼・小校園長の兼任を解き、専任の園長となる
昭和60年11月 創立100周年記念式典を挙行 記念誌「附幼100年のあゆみ」刊行
平成5年9月 大輪町移転30周年記念式典を挙行
平成10年4月 養護教諭が定数化される
平成11年3月 遊戯室床、トイレを改修する 正面、フェンスを改修する
平成12年4月 遊戯室壁面、改修する
平成16月4月 国立島根大学が法人化になり、国立大学法人島根大学教育学部附属幼稚園となる
平成18年12月 三附属合同研修会を経て「一貫教育を語る会」を開催し「一貫教育カリキュラム」の編成に着手する
平成20年4月 幼小中一貫教育体制の開始、三附属専任の校園長着任する えほんのへや並びに職員トイレ改修する
平成21年3月 幼小の渡り廊下(わくわくロード)完成する
平成22年8月 園舎屋根、外壁を改修する
平成23年10月 「ひょうたん池」を整備する
平成24年8月 保育室入り口、廊下床、湯沸かし室等を改修する
平成24年8月 遊戯室空調を完備し、視聴覚機器を設置する
平成25年3月 園庭テラス屋根を改修する
平成25年4月 新しく園章・園旗を作製する
平成25年11月 大輪町移転50周年記念式典を挙行 記念パンフレット刊行

ページの先頭へ