このページの本文へ

島根大学教育学部附属学校園 ホーム

Menu

サイトマップ

このページの位置: ホーム > 子どもの多様性に応じた学びを提供する「UDL(学びのユニバーサルデザイン)」Q&A              

学校園からのお知らせ

子どもの多様性に応じた学びを提供する「UDL(学びのユニバーサルデザイン)」Q&A              

  去る7月3日、CoCoラボ Shimafu(附属学校学習生活支援研究センター)
  主催による公開講演会を実施しました。
  
  本講演会では、バーンズ亀山静子先生(ニューヨーク州認定
  サイコロジスト)、川俣智路先生(北海道教育大学准教授)をお迎えし、
  UDL(Universal Design for Learning:学びのユニバーサルデザイン)について、
海外の実践も踏まえたお話をうかがうことができました。
  
  UDLとは、子どもの多様性に注目した授業を展開することで、子ども自身
  がよりよい学習者となり、主体的に学びに向かうことを目指すための、
  いわば「骨組み」を示したものです。

  参会された先生方からいただいたUDLに関する御質問と
  後日、バーンズ先生、川俣先生のお二人よりいただいた回答を
  Q&Aの形で下記に添付しておりますので、ぜひご覧ください。

  これからも皆様の学習や生活に役立つ情報を発信していきたいと
  考えております。
  
  今後ともCoCoラボ Shimafuをよろしくお願いいたします。

  UDL Q&A

 
  

ページの先頭へ